CHECK

ワインを美味しく味わえる適温はタイプによって異なる

ワインを美味しく味わえる適温はタイプによって異なる

ワインは温度によって香りや味わいの感じ方が異なるため、適温を見極めることによってより美味しくワインを味わうことが可能になります。温度を下げれば味わいはフレッシュな印象になり、フルーツの香りが際立ったり酸味の印象もはっきりと感じることができます。また、温度を下げることで全体がシャープな味わいになり、常温で飲んだときにキレをあまり感じられなかったワインがスッキリと爽やかになるような感覚になります。逆に温度を上げると酸味が柔らかくなり、冷やすことで隠れていた香りに広がりが出てくるため、全体的にふくよかなバランスとなっていきます。ワインを美味しく味わうための適温はタイプにより異なるので、シャンパーニュのような香りや味わいに複雑性のあるタイプは、冷やし過ぎず10度前後の方が香りを楽しむことができますし、スパークリングは温度をやや低めにすることで爽やかな酸味とスッキリとした印象を与えることができます。

ワインには飲み頃の最適温度があると知っていましたか?

様々なお酒の中でも特に人気のあるものにブドウを発酵させて作るワインがあります。非常にたくさんの種類のワインが存在しますが、大別して3種類あります。赤、白、スパークリングの3種類です。飲むならおいしく飲みたいと思いますので、そのコツをご紹介します。ポイントは最適温度です。実はワインにはおいしく飲むための最適温度というものがあるのです。赤であれば渋めの味わいであれば18~20℃、もう少し柔らかな渋みであれば15~17℃と少し温度を落としてみるといいです。逆にフルーティな味わいの赤は12℃くらいまで落としてみるのもいいでしょう。白であれば7~9℃に設定するとすっきりとした味わいを楽しめます。甘口の白は4~6℃と低めに設定してみてください。甘みがほどよく抑えられます。最後にスパークリングですが、5~8℃がおすすめです。低く設定すると泡が抜けにくいので、スパークリングの発砲をしっかりと楽しめます。辛口は高め、甘口は低めに設定するのがコツです。

ワインに関する情報サイト
ワインについて詳しく解説

このサイトではワインを詳しく解説していきますから、お酒としての特徴や初心者が知っておいて得する情報なども分かりやすく紹介していきます。どのようにして製造されているのかも解説していきますから、実際に飲むときに製造の風景などのイメージを持つことができるはずです。実際に美味しく味わうことができる適温が商品のタイプで異なるような特徴もありますから、そのような点も含めて飲むときに重要になる知識を紹介していきます。

Search