CHECK

ワインはどのようにして製造される?

ワインはどのようにして製造される?

ワインはどのようにして製造されるかですが、大きく分けると原料となるブドウをつぶして皮ごと発酵させて赤ワインをつくる方法と、ブドウの皮・種を除いたうえでしぼりとった果汁のみを発酵させて白ワインに仕上げるという方法があります。 ワインにする場合に共通している作業工程としては、果汁につぶした皮をそのまま入れるかあるいは絞り切った果汁のみを入れた発酵タンクに純粋酵母をブドウ果汁で培養した酒母というものを加えておきます。そうすると、すぐに発酵が始まります。そこから1週間から2週間の間、毎日もろみの温度・アルコール度の測定を行います。さらには、利き酒をして正常な進行状況であるかを確認するのも製造工程において大事です。 それが終わったら、ものによっては澱引きを行った後に専用の樽の中に入れて貯蔵します。そしてブレンドをしたり、不足している酒の糖分を補う目的で発酵タンクにブドウ糖を加えるなどしっかりとした管理を行い、完成形に近づけていきます。

ワインをおいしく飲むための最適な保存方法とは

ワインはお酒の中でもデリケートなものなので、保存方法を間違えてしまうと味や香りが落ちてしまいます。ワインセラーがあれば一番よいのですが、場所も取りますしなかなか一般家庭で持っている方は少ないと思います。ワインセラーがなくても、長期間でなければ家の中でも保管ができます。ポイントは「温度」「湿度」「光」です。まず温度ですが、保存に適しているのは13度から15度とされています。夏以外の季節では部屋の冷暗所に置いておけば問題ないですが、夏場は30度を超える日が続き味の劣化やコルクの隙間から吹きこぼれる場合もあるので、冷蔵庫の野菜室で保管するのが良いです。湿度は70%がベストです。乾燥しているとコルクが収縮して隙間から空気が入り込み酸化が進みます。適度に湿度がある場所が好ましいです。最後に光ですが、直射日光に当たると劣化してしまいますので、日の当たらないところで保管します。室内の蛍光灯なども避けた方がいいので、電気の光が当たらない押し入れや床下ストッカーなどに保管するのも良い方法です。正しい保管方法でワインをおいしく楽しめると良いです。

ワインに関する情報サイト
ワインについて詳しく解説

このサイトではワインを詳しく解説していきますから、お酒としての特徴や初心者が知っておいて得する情報なども分かりやすく紹介していきます。どのようにして製造されているのかも解説していきますから、実際に飲むときに製造の風景などのイメージを持つことができるはずです。実際に美味しく味わうことができる適温が商品のタイプで異なるような特徴もありますから、そのような点も含めて飲むときに重要になる知識を紹介していきます。

Search